关于中日死文化的考察研究_日语论文.doc

日本と中国は一衣帯水の隣国で似ているところも多い。そして、両国とも仏教や儒教思想の影響が大きい東アジアの国である。中日両国は同じ文化が非常に多いが内面的に分析する

要旨:

 

「人はなぜ生きているか」という問題は従来人間を悩ました重要な哲学問題である。人生の存在する意味、死亡の意味など死亡についての思考は我々の一生を影響している。

国により死生観もかなり異なっている。死亡文化も文化の一環として無意識のうちに我々の思考方式などについて影響を与えるのである。今までの死亡文化についての研究は大体自殺とか死亡方式などについての研究が大部分で、死亡の意味や日本人が考える死亡の瞬間美などについての調査は少なかった。

筆者は本稿で日中両国の死生観の変還、死亡文化の内容等について紹介している。それぞれの部分ではその特徴において、更に説明し、詳しく紹介をしている

本稿を通して、中国と日本の死に対する文化についての交流と研究を深め、両国人民の互相理解を高めることができたらと期待しているのである。

 

キーワード:死亡;瞬間;文化;美

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1文化から見る日本人の死生観-2

1.1恥の文化から見る日本人の死生観-2

1.2武士道から見る日本人の死生観-3

2中日における死の文化の歴史-5

2.1中国の死の文化の歴史-5

2.2日本の死の文化の歴史-6

3宗教から見る死生観-8

3.1儒教から見る中国人の死生観-8

3.2神道から見る日本人の死生観-9

4中日における死の文化の比較-11

4.1死亡の価値を追求する中国文化-11

4.2死亡の美を追求する日本文化-11

終わりに-13

参考文献-14

謝 辞-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部