《香烟和部队》中描写的杭州像_日语论文.doc

火野葦平は日本近代の重要な作家として認められた。本稿では、『煙草と兵隊』に基づき、火野葦平が杭州で住む間に、見た杭州を再現する。煙草についてのよつことを対象として

要旨

 

火野葦平は1937年(昭和12年)に日中戦争に応召し、第十八師団に配属された。杭州湾上陸作戦(1937年11月5日、日本軍、上海戦線の戦況打開のため杭州湾に上陸)に参加した。1938年4月前、火野葦平はずっと杭州警備部隊の一員として杭州にいた。その間、火野葦平は自分の作品で近代杭州の様子を描いた。本論は『煙草と兵隊』のテキスト分析に基づき、当時の杭州の庶民の生活状態、精神状況、中国兵隊兵士の状態を究明したうえで、火野葦平の作った近代杭州像及びその杭州観を明らかにしたい。

 

キーワード:杭州, 煙草, 火野葦平, 兵隊, 人民

 

目次

要旨

中文摘要

1 はじめに.5

1.1研究内容と価値.5

1.2先行研究.6

2. 『煙草と兵隊』における杭州像7

2.1 近代杭州の庶民像.6

2.2 近代杭州の兵士像.8

2.3 杭州像.8

3.火野葦平の杭州観9

4.おわりに11

4.1本稿における結論11

4.2今後の課題11

研究工作的步骤与进度12

参考文献12

謝   辞13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部