关于日本校园暴力研究_日语论文.doc

在日本,根据一项调查显示,16%的日本学生做过欺负别人的事,35%的人被欺负过,既欺负过别人又被别人欺负的占38%,两者都没有的仅占12%,校园欺负问题已成为日本一个严重的社会问

要旨

 

日本の中小学校でいじめ暴力問題が普遍的に存在している。この現象は昔から今に至るまで続いているし、また日々に増えている。日本での学校暴力はしきりに発生している。これが日本の教育界に驚かせるだけでなく、社会各界の注目も引いた。社会道徳水準は学生の道徳価値観念に重要な影響を与える。我が国で学校暴力も最近、深刻になってきた。我々がこの問題を注意しなければならない。学校暴力行為はおもに三つの面で分かれる。一つは、学校と先生の不作為で学校暴力を生み出すことである。二つめは、反社会人柄と心理変態で社会を敵視し、弱い学生を虐める学校暴力ということである。三、学生に対する拘束が厳しすぎて、かえって反抗を引き起こすことである。そして、日本の学校暴力が以前にはなっかた特徴を持っている。学校暴力が団体化になったり、もっと隠蔽になった。それは学生にひどい危害を与える。その原因と言えば、学校暴力の発生は学生の個性品質で引き起こすことだけではなく、さらには家庭環境と学校教育に関係がある。本稿はそれを通して、日本の学校暴力行為が目下にはまだ徹底に解決できないと説明しようとする。そして、学校と家庭は協力して学校暴力問題を解決必要があると対策を提出してみた。

 

キーワード: 日本学校暴力 特徴 危害 要因  対策

 

目次

中文摘要

要旨

はじめに-1

第一章 現在の日本学校暴力の現象-2

第一節 日本の学校暴力の種類-2

1.1.1 学校の不作為-2

1.1.2 反社会人柄と心理変態-2

1.1.3 拘束による学校暴力-3

第二節 学校暴力の特徴-3

1.2.1 学校暴力団体化-3

1.2.2 学校暴力の隠蔽性-3

1.2.3 自殺の原因-3

第三節 日本学校暴力の危害-4

第二章 日本学校暴力の要因-5

第一節 子供自身の要因-5

2.1.1 対人障害-5

2.1.2 きれること-5

第二節 家庭の要因-5

第三節 学校の要因-6

第三章 日本政府の対策-8

第四章 学校暴力を防ぐ対策-10

第一節 早期発見-10

4.1.1一般的な危機サイン-10

4.1.2 雰囲気づくり-11

4.1.3 日記、作文の活用-12

第二節 問題への対応-12

4.2.1 家庭の対応-12

4.2.2 学校の対応-12

第三節 いじめの予防-13

おわりに-14

参考文献-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部