从电影《永远的零》看日本人的生死观_日语论文.docx

映画『永遠の0』では、旧日本軍の組織としてのダメさ加減や作戦の杜撰さなどに対する記述が繰り返し出てきた。たとえば、太平洋戦争の分岐点となったガダルカナルでの戦いを

要旨

 

映画「永遠の0」は主にただ生きたいことに執着しいてるパイロットは,最後に特別攻撃隊へ志願して、襲撃したが、命を落としたという物語である。この映画は反戦映画というより、むしろ、戦争を美化している映画である。この映画で,殺戮と戦争の本質に対する反省は全くない。焦点はほぼ殺されないということだけだと言える。日本人は一瞬に咲いて、急に落ちている桜が好きで、武士道の犠牲精神を尊ぶ。独特の死生観を持っている。

  映画『永遠の0』の日本の軍国主義を批判することや「戦争賛美」「特攻賛美」を批判することなどはよく論じられているが,この映画の日本人の死生観についてはあまり言及されていない。そこで、本論文は、映画「永遠の0」から見る日本人の死生観について考察してみたい。

 

キーワード: 反戦;高自殺率;永遠の0;宮部久蔵;死生観

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-5

2.先行研究-6

3.映画「永遠の0」の解読-7

3.1反戦とは-7

3.2戦争の美化-8

4.死生観の分析-10

4.1死生観の分類-11

4.1.1宗教上の死生観-11

4.1.2哲学の死生観-11

4.1.3桜と武士に含まれた死生観-12

4.2日本人の戦争に関する死生観-13

4.2.1 二次世界大戦中の日本人の死生観-13

4.2.2 戦後の日本人の死生観-13

5.映画「永遠の0」に見られる死生観-14

5.1映画「永遠の0」で描かれた特攻隊の死生観-14

5.2映画「永遠の0」の主人公の宮部久蔵の死生観-15

6.おわりに-16

参考文献-17

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部