关于芥川龙之介的《罗生门》与黑泽明的《罗生门》的调查与比较.docx

芥川龍之介の小説『羅生門』と黒澤明の映画『羅生門』のストーリーは同じでなくて、黒澤明の映画『羅生門』に芥川龍之介の他の小説『藪の中』を借りて、映画『羅生門』の物語

要旨:

 

黒澤明の映画『羅生門』の主なストーリーが芥川龍之介原作の小説『藪の中』とされながらも、小説『羅生門』の背景を借り、『藪の中』中の物語を『羅生門』のストーリの発生地――羅生門の下を置いた。このように巧みに改編として両者は内容表現と思想の内包において相似点と相違点がある。

内容的には、一件の殺人事件においていくつかの別の角度の上に立つ目撃者のそれぞれの言い方があるが、自分にかかわる問題を自分に有利な言い方で取り扱うので、全体の事件がはっきりしないことになる。同時に結果として映画には別のデザインがある。樵最後の悔悟と捨て子の縁組のストーリーは二者に最大の違いで、黒澤明が元の台本に加筆したのである。思想的に、両者も人間性の悪、真相の弱さと人の信用できないことを表現する。小説『羅生門』と『藪の中』、悪は人の本性、根深い、変えられないと強調するに対して、映画『羅生門』の中で、人は悔悟、悪も変えられると主張する。

作品には芥川竜之介のが黒沢明のと違った。その理由は二人の人生と性格の違いにある。芥川龍之介の一生は不幸である。個性も非常に悲観的なので、その作品の中で主に人間の悪と人の信用できないことを見せる。黒澤明は若い頃に波乱があるが、多くの人の助けを得る。自分の作品の中に希望に加筆して、これは彼自身の人生経験の体現である。

 

キーワード:芥川龍之介;黒澤明;『羅生門』;比較

 

目次

摘要

要旨

緒論-3

1作品のあらすじ-3

1.1小説『羅生門』のあらすじ-3

1.2映画『羅生門』のあらすじ-3

2映画と小説の比較-5

2.1「羅生門」の継承-5

2.2小説と映画の違い-6

3芥川龍之介と黒沢明思想の違いの原因-8

3.1芥川龍之介の悲観的な思想-8

3.1.1芥川龍之介の人生悲劇-8

3.1.2芥川龍之介の時代-8

3.1.3人間性の失望-9

3.2黒澤明の楽観思想-10

3.2.1黒澤明の家族-10

3.2.2黒澤明と丙午-10

3.2.3『羅生門』台本の変化-11

結論(終わりに)-12

参 考 文 献-13

謝  辞-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部