关于法隆寺金堂四天王像–以铭记和样式为中心_日语论文.docx

四天王信仰は仏教の伝来に伴い、早々と日本に伝えられ、四天王像の造像活動も四天王信仰の伝来と間をおかずに始まったと言われている。日本最初の四天王像はいつ製作されたか

要旨

 

法隆寺金堂四天王像は今伝存している最古の四天王像であり、数多くの謎に包まれている。まず、光背に見える主銘と針書には製作当初の貴重な情報が含まれているが、製作者などに関する解釈がさまざまである。次に、様式は古風であり、後世の四天王像には見られない特徴を持つ。特に邪鬼の四体そろって肘を岩座に突き、上膊部を立てるポーズが注目される。最後に、法隆寺金堂四天王像と四天王寺金堂四天王像との関連が議論されているところである。法隆寺金堂四天王像を四天王像金堂四天王像の模作だと主張する学者が多く、それを反対する学者も少なくない。以上示した法隆寺金堂四天王像にかかわる諸問題を中心に、先学の意見を参照しながら、いささかの私見を述べてみたい。

 

キーワード:法隆寺金堂四天王像 銘記 様式 邪鬼ポーズ、四天王寺金堂四天王像模作説

 

目次

要旨

中文摘要

一、-はじめに-4

1.1-先行研究-4

1.2-本稿の目的と方法-5

二、-法隆寺金堂四天王像の銘記-5

2.1製作者-5

2.2分担製作-6

2.3主銘以外の針書-6

三、-法隆寺金堂四天王像の様式-7

3.1宝冠-7

3.2服制-7

3.3持物と邪鬼表現-8

3.4四天王寺像模作説-10

四、-まとめと今後の課題-11

4.1まとめ-11

4.2今後の課題-11

注釈

参考文献

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部