从日本饮食理解“融通无碍”的意义_日语论文.doc

本文は融通無碍の意味を研究するつもりだ。デジタル大辞泉の解説によると、「融通無碍」[名・形動]は考え方や行動にとらわれるところがなく、自由であること。また、そのさ

要旨: 融通無碍に対して、もっと柔らかく説明したら、ある感じのようだ。周囲に柔軟に緩やに流れて,会うものをすべて静かに包んで、素晴らしいものを吸収して自分のものになる。我がないと見ても中身がある、文化では、融通無碍というのは柔軟に外来文化での粋を吸収して自分の文化を充実する、多元化を持っている同時に日本独特な色彩を失わない。

本文は日本の飲食文化の中でこういう融通無碍を探して分析する。主に関連の文献、本や資料など読んで研究したり分析したりして結論を出す。文章の中ではまず日本と東アジアの関連性を注意する。日本文化は自分の独特性がないと言うのはある、ただ大体アジア諸民族の歴史、文化の関連、交流など通じて、すべての地域では歴史的な展開をもらった、その過程の中でおのずからに日本独特なものと言えるところを形成した。次は日本飲食で伝統から近代まで重大の変革時代を選んでいくつかの方面から分析する。

 

キーワード:日本飲食、明治維新、東アジア、新しい料理

 

目次

摘要

要旨

1.日本飲食文化の源流-1

1.1自然環境の関連-1

1.2人文歴史の関連-2

2.日本飲食で重大の変革―伝統から近代まで-4

2.1明治時代に日本で西洋飲食の登場-4

2.1.1西洋飲食は日本で登場する時の時代背景と意味-4

2.1.2肉の普及-5

2.1.3牛乳とパン-7

2.2新しい料理-9

2.2.1すき焼き-9

2.2.2カレーライス-10

2.2.3ラーメン-10

3.融通無碍とは-12

3.1融通と無碍-12

3.2融通無碍と四角四面-13

3.3飲食文化から融通無碍を見る-14

参 考 文 献

謝  辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部