试论“に”的非典型用法_日语论文.doc

現代日本語の助詞はおよそ三十個ある。その中のある助詞の用法は単一で、把握しやすいが、ある助詞はわりに複雑で、学びにくい。特に、「に」の用法は最も数が多い。それによ

要旨

 

現代日本語の助詞はおそらく三十個ある。その中のある助詞は用法が単一で、把握しやすいが、ある助詞はかなり複雑で、学びにくい。特に「に」の用法は最も数が多い。それにより、国内外の日本語の文法に関する本では、「に」の用法を分類し、説明している例が非常に多い。しかし、日本語を習得している時に、にの用法の現有の分類では、すべてを説明できないことに気がついた。そこで、具体的に検討する必要があると思う。本研究はその現在の分類で説明できないニの用法を非典型的な用法とし、考察するものである。

 

キーワード:に、典型的、非典型的、用法、使用規則

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

1.1「に」とは-1

1.2先行研究-1

1.3研究の方法本稿の目的と方法-2

2.典型的な「に」について-3

2.1格助詞とは-3

2.2典型的な「に」の用法-3

3.非典型的な「に」について-5

3.1非典型語義の考察-5

3.2非典型的な「に」用例-5

3.3非典型的な「に」の分析-6

3.3.1動態性動作と静態性動作とは(注6)-6

3.3.2 例文の分析-7

4. .まとめと今後の研究課題-11

4.1まとめ-11

4.2今後の研究課題-11

注釈-12

主要参考文献-13

謝  辞-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部