中日文化对比研究–从传统服饰的视觉_日语论文.docx

日本の伝統的な服飾は紛れもなく和服である。和服は千年以上の歴史があり、昔でも今でも人気が高い。和服が環境や気候などに適しながら作られた服装なので、そこから日本人の

要旨: 日本と中国は一衣帯水の隣国である。昔ながら両国は頻繁な交流を行っていた。日本は中国の文化などを吸収する上に、自分の独特な文化を発展した。この独特な文化の代表の一つであるのが日本の伝統服飾―着物である。また、チャイナドレスが中国の伝統服飾と認識されている。服飾は観念の実体であり、民族文化芸術の一部分でもある。中には民族の特色と気品がいっぱい集めている。

チャイナドレスは中国女性のシンボルとしての関連研究成果をたくさんある。伝統のチャイナドレスのデザインの変遷と締め、女性の体つきと気質の要求などの方面から中華民族の審美の心理の歴史の沈積まで探究して、そのうえでチャイナドレスが曲線の審美を偏愛し、女性の気質の「上品さ」と「静かさ」を尊重する。

本論では着物とチャイナドレスの比較について、既有資料を基づいて中日文化上の異同点を研究した。

 

キーワード:着物  チャイナドレス  変遷  役割  相違点

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1.中国のチャイナドレス-2

1.1チャイナドレスの歴史変遷-2

1.2漢服の特徴-2

1.3チャイナドレスのディザイン-3

2.日本の着物-5

2.1和服の起源と発展-5

2.2和服の種類-6

2.3和服の特徴-8

3.漢服と和服からみられる中日美意識-9

終わりに-12

参考文献-13

謝  辞-14

 ………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部