浅析日本校外补习班_日语论文.doc

首先,日本的校外补习业发展速度快,规模大。其次,学习塾的发展广泛而有序。另外完整的法律保障,规范的准入制度以及行业协会的有力协调,使学习塾能在市场经济中广而不乱。

要旨:我が国の教育資源の配分は不均等で、試験競争が激しいので、良い成績を得るために校外補習に参加している中小学生はますます多くなっている。そのため校外補習は新興の業界が全国各地に発展してきた。我が国の校外補習機構は、非正規的な教育として、重視されないで、盲目的な発展段階に入っている。校外の補習機関の規範化を促進するために、有効的監督の管理経路を探索するべきである。

このような校外補習はわが国の特有の現象ではない。世界の中、特に東アジアでは既に広く流行している。ただし、規模と影響から見ると、日本の学習塾はもっとも著しい特徴がある。先ずは、早い発展スピードと大きな規模である。次に、広い範囲に秩序立てて発展していくことである。また、法律完備の保障、正規の進出制度と業界協会の有効な協力の下に、学習塾は市場経済の中にしっかりと立っている。そして、学習塾の建学方式は柔軟で、先生は学習者の個性と能力に適した教育を与える。最後に、校外学習塾の中で教師と学生の間も、学生たちの間も仲良いので、交流プラットフォームになっている。

学習塾も20世紀50年代から半個余り世紀に当時の「乱塾時代」が、もう今の文部科学省と経済産業省により監督され、全国学塾協会により、管理され良性運営モードになってきた。学習塾は日本教育分野で校外教育の積極的な働きを発揮できる。

本論文は日本の中小学の校外学習塾の歴史、監督と存在原因の研究を通して、私の国の校外補習業界の発展に参考にする経験と啓発をまとめてみる。

 

キーワード:学習塾;経験;啓発

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに 1

2.学習塾の概説 1

2.1学習塾の定義と分類

2.2学習塾の歴史

2.3学習塾の現状

3.学習塾の発展の原因 3

3.1経済の原因

3.2社会の原因

3.3教育の原因

3.3.1公立学校の教育能力の不足

3.3.1私立学校の優位な立場

3.3.1家庭の教育能力の低下

4.日本学習塾の成功の経験 6

4.1完璧な法律法規

4.2全方位の監督と管理

4.3様々な学生の学習のニーズに満足できる

4.4学校教育の改善を推進すること

5. 中国学習塾への啓発 7

5.1中国学習塾の現状

5.2中国の学習塾への啓発

5.2.1法律で学習塾を監督すること

5.2.2学習塾の業界協会を設立し、業界の規範と調和すること

5.2.3公立学校の不足を補い、学生のニーズに満足すること

5.2.4公立学校の教育改革を促進すること

6.おわりに 9

参考文献 10

謝辞 

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部