关于音声为素材的修辞方法_日语论文.doc

わが学校の図書館には大量の関連資料があり、日本語の修辞方法に関する本も様々がある。特に徐一平の『日语拟声拟态词研究』と元先生の講義では、音声を素材にする修辞方法、

要旨:

 

事実として、音声を素材にする修辞方法は非常に重要な役割を果たしている。インド・ヨーロッパ語族と異なり、日本語の音声を素材にする修辞方法は普通では表現できない音や動作を本物のように表現できる。例えば、擬音語と擬態語の使用は文章力を上げることの読み手の想像力を起こすこともできる。大学の日本語·教育の大事な一環として、修辞方法は学生の視野を広め、学生の日本語能力を高めてくれるのである。語学はその民族の文化の深みと性格を反映すると言われている。実際に、日本人も日常生活ではよく音声を素材にする修辞方法を使っており、日本語を一層理解するためには修辞法を学ぶべきだと考える。故に、筆者は『音声を素材にする修辞方法について』を選んだ次第である。

 

キーワード:修辞;オノマトペ;擬音語;擬態語;促音;漫画言葉

 

目次

摘要

要旨

はじめに-1

1日本語オノマトペとは何か-2

1.1オノマトペとは-2

1.2オノマトペが豊富な訳-3

2特殊音による修辞効果-6

2.1促音(ッ)について-6

2.2撥音(ン)について-8

2.3リ音について-10

3日本語で擬音語・擬態語が多く使われる原因-12

4漫画における音声を生かす修辞法-13

4.1漫画と音声の関係性-13

4.2オノマトペによる心理描写-14

終わりに-16

参考文献-17

謝  辞-18

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部