关于日本佛教僧侣的娶妻食肉_日语论文.docx

日本において僧侶は尊敬される職業であり、叡智、博識のシンボルとされている。僧侶は主にお寺に所属し、葬儀や法事を行いお経を唱えたり、説教をしたりする人である。寺院墓

要旨

 

中国と日本とは一衣帯水の隣邦であり、昔から両国の交流が密接である。両国間の文化交流はお互いに影響する。本論文は日本仏教の発展史を考察し、そして日本仏教におけえる僧侶の肉食妻帯の由来を追究し、さらに僧侶の肉食妻帯が日本の宗教及び社会にもたらす影響を論じる。

キーワード:僧侶; 肉食; 妻帯; 明治維新

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

1.1 背景-1

1.2 先行研究-1

2.日本仏教の発展史-2

3、浄土真宗と妻帯-5

3.1 明治維新前-5

3.2 明治維新後-6

3.3 現状について-7

4.僧侶の妻帯について-7

4.1 妻帯と宗派-7

4.2 妻帯と世襲制の影響-8

4.3 社会への影響-9

5.おわりに-10

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部