关于中日电话礼仪的比较研究_日语论文.doc

今はビジネスマナーの研究は多くの学者の注目をあつめた。この課題について、国際でもいろいろな研究をした。たとえば日本文化からの商務礼儀の研究、日本と中国のビジネスマ

要旨

 

電話は便利な通信の道具とみられる。日常仕事中で、電話で使われる言葉はとても肝心で、それは会社の名声に直接に影響している。通話は現代社会で普通なコミュニケーションとされて、電話など現代の通信工具を通じて交際し、すばやくて便利だといったメリットを持っている。現代社会で一番よくある交際方式だと思われている。職場での電話用語は人間関係をよくするコミュニケーションの潤滑油であり、業務の発展にも欠けない潤滑油である。言語は文化のベクターで、中日両国の職場での異なっている用語は両国の異なっている文化の反映である。本論文は、主に文献調査に基づき、中日両国の会社で使われる電話用語を検討し、日中両国の文化の差異を検討しきた。主な結論は以下の通りである。中国人はコミュニケーションを重視し、相手の情報を早めに手に入れる。それから、相手によく対応しておくことができるとみられる。日本人の場合は、汲々と自分側の会社名や部署名を名乗るタイプである。それは日本人が強い集団意識を持っていること、他人のことを配慮することを証明する。相手の顔を向かっていないとしても、迅速に相手の情報を得ることができ、タイムリーなコミュニケーションができる。日本も中国も、公務の活動中で、通話交流使用の状況、コミュニケーションの情報、打ち合わせの問題、リプライの事項などは、最も普遍的な仕事手段である。通話は「電話を掛ける」と「電話に出る」を含む。

 

キーワード:個人能力;集団意識;心理;電話マナー;日中比較

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-4

  1.1 研究背景-4

  1.2 研究方法と論文構成-5

  1.3 先行研究-6

2. 中国の電話マナー-6

  2.1 通話の過程-7

  2.2 電話を切る前-7

3. 日本の電話マナー-7

  3.1 通話の過程-8

  3.2 電話を切る前-8

4. 日中の電話マナーに出る異同点-9

  4.1 相違点-9

4.1.1 中国の場合-9

4.1.2 日本の場合-9

  4.2 電話マナーの共通点-10

4.2.1方式-10

4.2.2用語-10

5. 日中の電話マナーにでる相違点の原因-10

  5.1 中国の電話マナーの形成原因-11

  5.2 日本の電話マナーが形成する原因-11

6. 終わりに-12

参考文献-13

謝辞-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部