木材和混凝土的比较研究–以日本住宅为中心_日语论文.doc

コンクリート産業の発達につれて、日本では大規模なコンクリート住宅が造られるようになった。それはなぜかというと、日本は地震と台風などが多い国で、災害に強い、より堅固

要旨

 

日本では常用している住宅材料は木材とコンクリートである。それら自体の特性上、二种の材料がそれぞれ違う特性がある。違う材料を使用している住宅が見せた特徴と性能も同じではない。現在の日本を見てみると、現代の材料が発達したにもかかわらず大量な木造住宅が存在しているのは不思議である。二種類住宅の比較研究を通じて原因を知ることができ、さらに「住」に対する日本人の精神的姿勢が探究できたらよいと考えている。

 

キーワード:日本住宅;木造;コンクリート;建築文化

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-2

2.先行研究-2

2.1住宅材料の歴史-3

2.2日本の住宅についての研究-3

2.3日本の気侯と住宅の関連性-4

3.日本の木造住宅の特徴について-4

3.1構造-4

3.2建築職人と使用材料-5

3.3木造の再利用-7

4.日本のコンクリート住宅の特徴について-7

4.1構造-7

4.2建築者と使用材料-7

5.木造とコンクリートの比較-8

6.終わりに-9

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部