村上春樹の初期三部作における「僕」と「鼠」に関する考察.doc

本論文では村上春樹の初期三部作における「僕」と「鼠」について考察を行う。村上春樹の初期三部作を深く理解するために、「僕」と「鼠」の関係や人物像の差異などをはっきり

要旨

 

初期三部作において、村上春樹は回想の形で「僕」と「鼠」の青春を描いている。現実世界は青春の本質と衝突があるので、彼らに迷い、孤独感を生み出させる。したがって、彼らには同じ点がある。しかし、この孤独感に対して、「僕」と「鼠」は違い人生道路を選ぶ。「僕」は何かを探り出そうと試み、最終的に現実生活に戻る。それに反して、「鼠」は退学を選び、墓地が好きになる。最後に、自殺する。生死を問わず、村上春樹も救いを授ける。「鼠」の運命は「僕」の運命の別の形かもしれない。ので、、「鼠」は「僕」の分身と考える。

 

キーワード: 迷い; 孤独; 青春; 異同点; 救い; 分身

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-4

2. 先行研究-5

2.1 初期三部作の表現技巧-5

2.2 初期三部作の時代背景-6

2.3  初期三部作の主題-6

3. 回想という表現技巧-7

4. 「僕」と「鼠」の共通点-8

5. 「僕」と「鼠」との違う青春-8

5.1 「僕」の青春-8

5.2 「鼠」の青春-9

5.3「僕」と「鼠」との違う青春-10

6. 「鼠」は「僕」の分身か-10

7. おわりに-11

参考文献-12

謝辞-13

 ………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部