关于日本幼儿园教师培养的考察_日语论文.docx

この基盤を培うとは,小学校以降の子どもの発達を見通した上で、幼児期にふさわしい生活環境でしっかり育てることである。そのことが小学校以降の生活や学習において重要な、

要旨

 

就学前教育は生涯にわたる学習の始まりとして、教育システムの大切な一部である。就学前教育の実施効果は人口品質と民族興亡に関わると言われている。現在、中国の就学前教育体制は転換期にあり、従来の政府運営、企業事業機関運営と農村の団体運営から、政府が主導し、社会全体が参加し、公立私立幼稚園が並行して行う運営体制に移り変わっている。就学前教育体制の改革に際して、優秀な幼稚園教諭の存在は就学前教育が健全に発展できるかどうかを決定する重要事項である。しかし、現在、中国では幼稚園教諭という職業に認識の偏差があるだけではなく、幼稚園教諭の質も決して高くはない事など、様々な問題があると思われる。一方、日本の就学前教育の水準は世界でもハイレベルに達している。その一因としては日本の幼稚園教諭の質の高さにあると思われる。そこで、本論文では、日本の幼稚園教諭の養成、現状と地位などを研究し、それを基に中国の幼稚園教諭の養成方法について探究する。

 

キーワード: 就学前教育 幼稚園教諭  養成

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに-1

1.1 就学前教育とは 1

1.2 先行研究 1 

1.3 本稿の目的と方法 2

2.日本の幼稚園教諭の質について 2

2.1 厳しい幼稚園教諭免許制度 2

2.1.1就職前の教諭免許 2

2.1.2就職期間の教諭免許 3 

2.2 多様な就職期間の研究活動 4

3.日本の幼稚園教諭の現状について 6

3.1社会的地位6

3.2幼稚園教諭の年齢構成  6

3.3幼稚園教諭の男女比率  7

3.4幼稚園教諭の給料  8

4.中国の幼稚園教諭養成への提言 8

4.1 中国における幼稚園教諭養成の問題点8

4.2 日本の制度からみた改善策  9

4.2.1幼稚園教諭免許制度の改善  9

4.2.2幼稚園教諭の現状の向上 10

5.おわりに  10

5.1 まとめ 10

5.2 今後の研究課題 11

参考文献12

謝  辞 12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部