江戸時代における達磨戯画について_日语论文.docx

「戯画」という絵画は、一見ふざけたものばかりだが、知らず知らずのうちに注目してしまう絵のことだと思う。「戯画」という言葉を説明すると、最も直観的に言い換えた言葉は

要旨

 

「戯画」は最初に奈良時代に出現し、平安時代に流行し、そして「をこ絵」や「ざれ絵」などの呼び方を持ちつつ、現代では「漫画」としてみなされている。

戯画という分野に所属する絵の種類は実に多い。本論では主に江戸時代の達磨戯画作品などに着手し、俗神の達磨の戯画化について分析し、達磨戯画の遊戯性、諷刺性、自由性などの特徴を明らかにしたい。

キーワード:戯画;遊び;絵画;戯れ絵; 美術; ユーモア

 

目次

要旨

中文摘要

1 はじめに-1

1.1 「戯画」の先行研究-1

2 達磨と達磨図-3

2.1 達磨について-3

2.2.1 達磨の生涯-3

2.2.2 達磨の思想-4

2.2 達磨図の数々-4

3 江戸人のユーモア――達磨戯画作品-5

3.1 席画――大達磨と見返り達磨-5

3.1.1 北斎の『大達磨』-5

3.1.2 蕭白の『見返り達磨』-6

3.2 遊女とつながった達磨-6

3.2.1 竹田春信の『達磨遊女異装図』-7

3.2.2 河鍋暁斎の『達磨耳かき図』と鈴木春信の『水鏡で髯抜く達磨』-8

3.2.3  菊川英山の『達磨三味線修行図』-8

3.3 女達磨と達磨飾り-8

4 「茶化す」から見る日本人の心-9

4.1 日本人の遊び心-9

4.2 諸行無常の混沌-10

5 終わりに-10

参考文献-12

付録-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部