類義語の意味分析–「絶対に」「必ず」「きっと」を巡って.doc

外国語辞典や日本語辞典などでは言葉の意味を解釈するに止まっており、具体的な使い分けについては十分に解明されているとは言えない。日本語類義語の中には名詞、動詞、形容

要旨

 

本論文では日本語類義語の「絶対に」、「必ず」と「きっと」を巡って、その意味を分析する研究である。外国語を母語とする外国人日本語学習者は類義語の「絶対に」、「必ず」と「きっと」を使う場合に、異文化の差異と母語の干渉などの原因で、使い分けによく迷っていると考えられる。類義語辞典では三語についての解釈が簡潔で、具体的な分析はほとんどないようである。文法書の説明も三語のアスペクトについての差異にしか触れていない。そのため、本論文では副詞の「絶対に」、「必ず」と「きっと」の使い分けを探究してみたいと思う。

 

キーワード:類義語; 絶対に; 必ず; きっと; 使い分け方

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.「絶対に」の使い方2

2.1 ムード表現との組み合わせ2

2.2 肯否表現との組み合わせ3

2.3 特殊な用法5

3.「必ず」の使い方5

3.1 ムード表現との組み合わせ5

3.2 肯否表現との組み合わせ6

3.3 特殊な用法7

4.「きっと」の使い方7

4.1 ムード表現との組み合わせ8

4.2 肯否表現との組み合わせ8

4.3 特殊な用法9

5.おわりに9

5.1 三者の共通点と相違点のまとめ9

5.2 今後の課題の提示10

注  釈11

参考文献12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部