拟声拟态词的用法和日中对译研究–以“ぎりぎり”为中心.docx

中国語にも、オノマトペという構成要素が存在しているが、物事の音声や状態などしか表さなく、日本語ほど頻繁に使用されていない。そのため、日本語学習者にとって、オノマト

要旨

 

日本語学習者にとって、日本語を勉強しているとき、オノマトペがよく見られる。オノマトペは単に覚えればよいわけではなく、いろいろな用法があり、中国語に訳す方法も異なっている。オノマトペの用法と日中対訳について研究するために、「ぎりぎり」という単語を中心に、コーパスや辞書類を分析資料としてデータを集め、考察していきたい。

本稿はデータ量が十分に足りているとは言えないが、おおよその流れが把握できるのではないかと思う。

 

キーワード:オノマトペ 擬音語 擬態語 ぎりぎり 日中対訳 コーパス

 

目次

要旨

中文摘要

1. はじめに-1

2. 先行研究-2

2.1 オノマトペの定義-2

2.2 オノマトペの分類-2

2.3 オノマトペについて日中両国の研究現状-2

3. 「ぎりぎり」について-3

3.1 品詞論による「ぎりぎり」の仕分け-3

3.2 文における「ぎりぎり」の働き-4

3.3 「ぎりぎり」のコロケーション考察-5

3.3.1名詞の「ぎりぎり」について-5

3.3.2形容動詞の「ぎりぎり」について-6

3.3.3副詞の「ぎりぎり」について-6

4. 「ぎりぎり」に対応する中国語訳と分析-7

4.1中国語の決まり文句-7

4.2文脈からより中国語らしくする-9

4.3省略-10

5.おわりに-11

参考文献

謝  辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部