日本极限民出现到流行的原因分析_日语论文.doc

本論文は主にインターネットと書籍を通じて資料を収集する。近年、ミニマリストが日本においてブームになった経緯を紹介する。ミニマリストのライフスタイルとミニマリストの

要旨

 

2015年『ぼくたちに、もうモノは必要ない。―断捨離からミニマリストへ 』(佐々木典士)の出版してはじめて日本でミニマリストのブームを引き起こした。ミニマリストは英語のMinimalistである。その特徴は無用なものを捨てる、最小限の物品、最大限の幸福のである。

本論文は近年のミニマリストに対して日本でブームの現象を紹介して、人々にさらにミニマリストのライフスタイルを理解させる。インターネットと書籍を通じて、資料を収集して、以下の四点をまとめている。

(1)ミニマリストの流行している原因を分析した得る。ポストモダンの消費とマスメディアこの二つは要因である。ミニマリストはポストモダンの背景の下で生まれが、マスメディアと有名人の影響で日本においてブームになった。ミニマリストはポストモダンの消費の反逆者である。

(2)ミニマリストになる方法、よいところおよび断捨離と比べて分析して、両者はたいへん似ていて、また微かな違いが存在していて、ミニマリストが断捨離の究極の版だと思うことができる。

(3)日本の民衆からミニマリストに対しての態度について、ミニマリストのライフスタイルを受けない人がいる。

(4)中国におけるミニマリストに関する報道は少ない。2013年に『断捨離』の漢訳出版してはじめて中国で断捨離のブームを引き起こした。ミニマリストは断捨離の究極の版として、またメディアを通じて日本のようなブームになることができるのを信じている。

 

キーワード:ミニマリスト 最小限 最大限 断捨離

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.日本におけるミニマリストの流行とその原因-2

2.1 ミニマリストの定義と起源-2

2.2 日本におけるミニマリスト流行の原因-2

3.ミニマリストのライフスタイルについて-5

3.1 ミニマリストになる方法-5

3.2 ミニマリストになるよいところ-6

3.3 ミニマリストと断捨離-7

4.ミニマリストの日本社会への影響-9

4.1 ミニマリストのライフスタイルから引き起こす社会的問題-9

4.2 ミニマリストに対して日本人の見方-10

5.中国におけるミニマリストの現状-11

6.おわりに-13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部