《地狱变》中美与丑的研究_日语论文.doc

《地狱变》为日本大正时代著名小说家芥川龙之介所作,在大阪每日新闻上分二十回连载而成的一篇中篇小说。这篇被正宗白鸟称为芥川的‘最高杰作’的作品,一直以来受到众多学者

要旨

 

芥川龍之介の代表作の一つとして、「地獄変」は「芸術至上主義」を主題とし、芸術を追求する姿を描いた。それについての研究は多いだが、「芸術」の正体は末だはっきりしていない。この小説に、芸術を追求するために良秀の情熱は、「芸術至上主義」をうまく解釈した。良秀にとって全を尽して創作した屏風絵はその「芸術」を代表した。また、「芸術至上」という主題がしても、「地獄変」にはそれだけのものを描いたというわけではない。美と醜に対して主人公の態度は「芸術至上」から分かれるとしても、小説に出場した主要人物はただ良秀一人ではない、それに、表現された美と醜も「芸術」だけではない。以上の問題について、まだはっきりしていない。

美と醜は、辞書で二つの面に意味がある。一つは、人の好き嫌いによって変る感覚であり、人に快感を味わわせるなら美であり、不快を感じさせるなら醜であり。もう一つは、哲学で、美は調和·統一のある対象に対して、それは心の自由、人生の境界の高さということである。それとは逆に、醜となる。とにかく、物事は客観的な存在であるが、美と醜はそれと違って、人の主観的な判断だ。人を無視して美と醜を論じるのはできない。

この論文では、「美と醜」をめぐって、「地獄変」の出場人物の性格と筋を分析してみたい。これらの描写を通して、人物の立場で、美と醜の第一種の意味で各人物の美と醜を検討する。それから、哲学の意味で小説の内容から出る美と醜、その関係を検討し、その作品を利用して、美と醜について、弁証的により深く理解できれば、光栄の至ると思う。

 

キーワード:地獄変 ;美と醜 ;視角

 

目次

中文摘要

要旨

はじめに-1

1.『地獄変』について-3

1.1 あらすじ-3

1.2芸術至上主義-4

2.人物像から見た美と醜-5

2.1良秀の性格と信念-5

2.2大殿の上辺と内心-8

2.3娘の滅び-9

3.内容から見た美と醜-11

3.1屏風絵の創作-11

3.2絵師の自殺-13

おわりに-16

参考文献-17

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部