关于太宰治家庭观研究–以《人间失格》为例_日语论文.doc

太宰治凭借《斜阳》、《人间失格》等作品在战后一跃成为一流的作家。并且关于其文学和人生生活为主题的的论文著作研究也在顺利进展。大体上可以分为以下几个阶段的研究:第一阶

要旨

 

太宰治は日本無頼派文学を代表する人物で、日本文学史において、太宰治文学は揺るがない地位を持つ。太宰治の心中とか、出格な行為も人に深刻な印象を与えて、こんな状況は特に、家庭教育と環境にはならないことが多い。『人間失格』は太宰治の遺書のような作品で、本の中で主人公の孤独者大庭葉を比較すると、太宰治にあまりに似たところがあるので、この本にも太宰半自伝的な「遺書」を見られる。簡単に太宰治の生涯を紹介し、作家は一般本には自分の感情と心を委託する。太宰治の親子関係、兄弟関係や夫婦関係三面から分析して太宰治の家庭観念を得る。『人間失格』の主人公大庭も太宰治の人生の縮図で、『人間失格』には書いてことを例に客観的に分析して、太宰の家庭観を総じる。最後にこの家庭から成長や性格の形成に影響と太宰治の怪しい行為に家庭の原因を考える。そのほか、異なった家庭寒暖の下で太宰治作風の変化。

 

キーワード:親子関係 兄弟関係 夫婦関係 家庭観

 

目次

中文摘要

要旨

一  はじめに:-1

二  親子関係-1

1.1母性をおめる-1

1.2父親からの恐怖感-1

1.3、親に対する愛の転向-2

三  兄弟関係-5

2.1、長兄至高、絶対尊敬-5

2、疎遠と依頼-5

四  夫婦関係-7

3.1、女性から母性の追求-7

3.2、幸せな家庭に満足感-8

3.3、信仰より重要-8

五  一生の影響、一生の傷-9

4.1、性格や行為に影響-9

4.2、文風に影響-10

六  終わりに-11

参考文献-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部