从中日狐狸印象不同分析两国文化上的差异_日语论文.doc

中日两国人民对狐狸也有着特别的感情或信仰。但是目前的中日两国人民对狐狸的印象有着很大的差异。本课题通过对中日两国从古至今的与狐狸有关的文字记载的史料或文学作品的研

要旨

 

人間とキツネの付き合いは遠い昔から始まった。キツネはいつも神秘な霊力を持つ動物として、世界各国の作品の中によく登場している。無論、中日の人々もキツネに対して特別な感情や信仰を持つ。中国と日本は近隣で、昔から文化の交流は非常に密接する。両国はキツネに関する説話や伝説が古い昔から流伝されてきて、そして両国の文化に計り知れない影響を及ぼして、その影響はいまでも深く残っている。しかし、現在中日文化に関するキツネのイメージは完全に逆だと言っても言い過ぎではない。中国では、キツネと言えば、みんな多分「キツネは卑しくて狡くて、嫌だ」というような悪いイメージを胸に浮かべる。しかし、日本では、キツネは神様のような存在として人々に尊敬されていて、キツネに関する神社も沢山ある。中国と日本は近隣で、昔から文化の交流は非常に密接する。なぜその違いがあるの。小論は中日キツネのイメージの違いを視点として、両国文化の現実と結びつけて、両国文化に関するキツネのイメージを比べて、両国文化の認識を深めて、そして両国の絆を感じようとする。

 

キーワード:キツネ 中日 イメージ 文化 違い

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.中国のキツネのイメージ-2

3.日本のキツネのイメージ-3

4.中日文化の中で、キツネのイメージの違いとその原因-5

5.おわりに-7

参考文献-9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部