分析日本兵战前与战后的家庭经济状况_日语论文.doc

目的:通过对日本是在世界第二次大战中,对日本士兵本人及其家庭的生活待遇的问题解决的分析,得出日本政府在对待士兵的应征问题上如何采取的经济措施。进而对日本战争前的经

要旨

 

 中日両国は一衣帯水の友好的な隣国であり、しかし、経済利益ので、日本は数年も中国に侵略戦争が起こった。この戦争は中国人に忘れられない痛手をもたらした、これと同時に、日本人にも辛い思い出を与えてた。

  日本は中国に戦争を起こった前に、中日の「甲午戦争」と日露戦争(Russo-Japanese War)2度の侵略戦争は日本に経済上の巨大な利益をもたらした、日本も戦争を起こして自分の経済面で欠陥を補うことは啓発で激励を与えた。

  本文は日本が戦前及び戦争中を時間として、日本兵及び産業労働者の社会的な特殊な人物を視角として、戦前で各産業・各職業の労働力構造が急激に変化する具体的な事情・本当の生活状態を分析する。準戦時間で、日本政府は戦争を起こったために、大々的に恩給制度・徵兵する待遇を推進した。戦時統制経済制度の下で、日本は国内の経済が高度のインフレーションに立って、しかしインフレーションの軍備庶民生活に重い圧力に持って、各産業で労働者の人数及び給料を分析して、日本は当時の経済状態を分かった。日本の経済を分析して、広範な労働者の生活状況をしていった。

 

キーワード:準戦及び戦時統制経済 日本兵 産業労働者 生活状況

 

目次

中文摘要

要旨

はじめに-1

一   第二次世界大戦について内容-2

二   戦前で日本の経済状況-2

三  日本政府は徴兵制度について-4

四   戦時統制経済の下で労働者の経済状況-6

おわりに-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部