《挪威的森林》中的自杀现象_日语论文.doc

《挪威的森林》是村上春树的一部爱情长篇小说。小说自问世以来受到了极大的欢迎,在以青年为主体的广大读者中引起了前所未有的反响,形成了“村上春树”读者群,并随之诞生了

要旨

 

「多くの祭りのために」——村上春樹は『ノルウェイの森』の巻頭でこう書いている。村上春樹の小説の中で、死亡は生と同じ意味である。「死亡」はこの小説の最初と最後を貫く。

小説の主人公渡辺、若いけど多くの祭りを出席した。これらの祭りは多分自分がもたらしたので、彼らがどうしてすべて人生のゴールデンタイムに自分の生命を終えるだろうか。渡辺感慨のように、多くの人は「人生のある段階が来ると、ふと思いついたみたいに自らの生命を絶った。」。靑春の年で、世間と別れ、このような自殺は感傷的だ。文学作品の中で、そんなの自殺を連れて美しさが、審美の合間に問われ、彼らは一体なぜ自殺するか?

本論文は3つの部分を詳しく述べて、第一部は作者自身と創作背景と手法から小説中の自殺現象を見ること。第二部分は小説の中のイメージから入手し、文中の自殺をいちいち詳しく分析する。第三部分は全文を総括して、『ノルウェイの森』に描かれた自殺と現在社会に同じ現象を論述する。

 

キーワード: 村上春樹 ノルウェイの森 自殺

 

目次

中文摘要

要旨

1. はじめに-1

1.1問題意識-1

1.2先行研究-1

2.村上春樹と『ノルウェイの森』-3

2.1村上春樹について-3

2.2執筆の背景とタイトルの由来-4

2.3『ノルウェイの森』のあらすじ-4

3.小説における自殺-6

3.1直子の姉さんの自殺-6

3.2木月の自殺-7

3.3初美の自殺-8

3.4直子の自殺-8

4.自殺が意味すること-10

4.1なぜ自殺したのか-10

4.2直面すべき現実-11

5、おわりに-13

参考文献-14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部