人性的坚强与光辉–浅析大江健三郎《个人的体验》_日语论文.doc

大江健三郎《个人的体验》作品充满了强烈的自传色彩和人道主义关怀,作者以日本当下的社会政治问题,现代文明的危机等作为文学主题的表现内容,并且对真实事件进行了超现实的

要旨

 

 ノーベル文学賞受賞の作品『個人的な体験』(1964年)、作者は自分の苦しい経験を背景として、書いたの長編小説である。1963年、大江健三郎の長男大江光は生まれた、作者は苦痛を経験して―子供が頭部に異常をそなえて生まれてきたと知らされて、死ぬではありませんけど、治されないの後遺症が残た。あの夏、大江健三郎また広島への原爆についてアンケートを参加して、爆発中のサバイバルを訪ねた。この二つの関連事情は作者に震撼させた、小さな死ぬ(障害者の大江光対しての死亡の脅かす) と大きい死ぬ(全人類対して核武器爆発の脅かす)、死亡の危なさをどんどん現れた。

 この作品は主人公鳥は障害児への彷徨う、怖くさ、躊躇う、責任心など複雑な感情を描写した。私は主人公の感情について、微妙な変化を研究したいのである。人類は責任をとる前に、いろいろ彷徨うを経験し、主人公は絶望から二度との新生まで変化を研究して、人間性の強く意志と輝きを探求したいである。

 

キーワード:大江健三郎 人間性 強靭な精神力 新生

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-5

    1.1问题意识-5

    1.2先行研究5

2.大江健三郎と『個人的な体験』-5

2.1  背景について-6

2.2  内容と登場人物.6

3.現実に向き合う-7

3.1自分のことを見極める-8

3.2友人と新認識-8

3.3制約を受ける-9

4.現実と戦う-10

4.1芸術手法. 11

4.2思想特色と文学意義-11

4.2.1性描写-12

4.2.2人道主義思想-12

  4.3現実影響-13

5.終わりに14

6.参考文献-15

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部