日本怀石料理与禅宗思想研究_日语论文.doc

本文通过研究日本怀石料理和日本禅宗这一课题,探究怀石料理所具有的禅的意义,及两者之间的关系,本文主要分为以下三点,怀石料理,日本禅宗思想,怀石料理所体现的禅宗思想

要旨

 

懐石とは、本来茶の湯の食事であり、正式の茶事において、「薄茶」「濃茶」を喫する前に亭主が来客に提供される料理のことである。進化の後、懐石料理は最初の簡単な淡泊な味、食べ物の本の味を追求する精神を伝わって、精緻なこだわりの食事のマナーを発展して、器より盤にも禪の教えにも少なからずや雰囲気がある。室町時代から、禅と茶道は中国から日本に伝わった。そして、日本料理は主流としての懐石料理が誕生した。日本の「満漢全席」とも呼ばれる。懐石料理は作った手順の要求がきつくて、器も盛り付けもかなり高い要求がある。一方、料理の分量があまり多くて、芸術品と認められる。それだけではなく、社会に独特な意義をもたらす。

本文は「日本禅宗思想と懐石料理」を課題として、懐石料理の禅の意味と精神などを見つける。本文は三つの部分からなっている。第一は懐石料理で、第二は懐石料理の特点である。第三は懐石料理の禅である。この三つの点を通して、各方面から深く研究して、懐石料理中と禅の関係を研究している。懐石料理と日本禅宗の間の共通点は食は一種のライフスタイルを主張することで、飲食の態度に対して心の静かさと超脱をもっと重視することである。懐石料理は日本禅宗思想を踏襲して発展して、日本の禅思想文化の一つとして表れている。禅宗の簡素なものを追求するの審美と、精神修養を追求するの思想は懐石料理の誕生を促進した。それと同時に、懐石料理は同じく禅宗の思想の一種の文化の伝承である。

 

キーワード:懐石料理 日本禅宗思想 修身思想 自然観

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

1.1問題意識-1

1.2先行研究-1

2.日本の懐石料理-2

2.1懐石料理の起源-2

2.2懐石料理のメニューパターン-2

2.3懐石料理の特点-3

3.日本の禅宗思想-4

3.1禅宗思想は日本での発展-4

3.2禅宗文化の基本的観点-5

3.2.1禅宗の修身思想-5

3.2.2禅宗の自然観-5

3.2.3禅宗文化の美学境地-5

4.日本懐石料理と禅宗思想の関係-6

4.1懐石料理の侘寂の美の中で禅宗思想の体現-6

4.1.1食材の侘寂の美――自然-6

4.1.2量の少ない侘寂の美――節制-7

4.1.3料理者の侘寂の心 ――謙遜-7

4.2禅宗思想と日本懐石料理の相互影響-8

5.おわりに-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部