日本匠人精神流传原因_日语论文.doc

对于日本匠人精神的探究,本文通过三个章节展开叙述。第一章主要介绍日本职人从古至今的演变,和匠人精神的概念。并通过描述纪录片《寿司之神》从而加深理解。第二章分析日本

要旨

 

職人とは、自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである。日本の職人は自分の腕が自信を持って、熟練するように、厳しく自分を要求する。今職人気質だと言われる。明治時代から、日本人は職人文化を高く評価している。職人気質は日本社会が繁栄への重要な支えだけでなく、重々しい歴史の宝物である。

このちゃかちゃかな社会で、日本の職人気質が絶えずに提出される。この気質は目前の功利を求めるに急であるというような意識がもたらす弊害とストレスを振り捨てる。

日本の職人気質を究明するように、本論は三つの章節に分けて展開していく。第一章は主に日本の職人が古から今に居るまでの変化と職人気質の概念を紹介する。その上、「二郎は鮨の夢を見る」を通じてもっと理解させたいと思う。第二章は日本とドイツの職人気質の区別を分析する。第三章は日本の社会環境と宗教などの方面から職人気質が伝われる原因を解明すると思う。

 

キーワード:職人 職人気質 区別 伝われる原因

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.「二郎は鮨の夢を見る」から見られる職人気質-2

2.1職人-2

2.2職人気質-2

2.3「二郎は鮨の夢を見る」から見られる職人気質-3

3.ドイツと違う日本の職人気質-4

3.1革新的なドイツの職人気質-4

3.2保守的な日本の職人気質-4

4.日本の職人気質が守れる原因-5

4.1職人気質を保つ法律-5

4.2職人を尊重すること-6

4.3日本人の「菊と刀」という精神-7

4.4学校教育-7

4.5日本の禅宗-8

4.6乏しい資源-8

4.7ほかの原因-9

5.おわりに-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部