研究日本独特猫文化的形成_日语论文.doc

分析日本文化中猫的形象、研究受猫影响极其有吸引力的语言和文化作品;李雯的“浅谈日本的猫文化史”和冯金的“关于日本猫情节的思考”与张秀华的方式与观点相近,都是从谚语

要旨

 

現代生活の中に、人間に可愛がられるペットの一種として、猫は人間との関係が非常に密接である。猫はどこでも見られるが、異なる国は猫に異なる感情を持っている。中国では、一部分の人は猫が好きで、猫に関する様々な作品を作った。しかし、猫に否定的な感情もあり、奸臣小人の罪名を被せられる。西洋の国は猫が信義に背い偽善者の形象であると思われる。ところが、日本人は他の国の人より猫が好きで、更に崇拝する感情を持っている。たくさんの神社に猫の石像を祭るからである。長い時間の中に、日本人は大量な猫に関係するものを創造して、特別な猫文化を形成してきた。

奈良時代初期、猫は中国から日本に伝来された。以前の猫はとても珍しかったから、天皇と貴族だけ飼うことができた。明治時代に入ると、農業の発展とともに、生産物を守るために、平民も猫を飼った。現代、猫はペットとして、日本人の仲間になっている。日本は猫に関する伝説と民話がたくさんある。『枕草子』、『日本霊異記』などには猫の怪談が記されている。怪談には、猫が悪い形象もあれば、いい形象もある。人を食べる股猫は不吉と死亡を代表して、招き猫は幸運を代表している。日本人は、猫の外見と生活習性から、猫に関することわざと語彙を作り、猫文化の形式がたくさん形成した。HelloKittyとか、ドラえもんとか、様々な漫画猫が出てきた。猫をテーマとするゲーム、映画、記録映画なども大変人気がある。猫カフェも猫の高い人気を現れている。

各種の猫の形象は日本人の知恵を凝らしたものである。同時に、日本民族の特色、審美観なども現れる。日本の独特な猫文化の形成は、日本社会の発展、民族の心理、審美観と細かい観察力と想像力などと関係がある。

 

キーワード :猫文化 社会生産 審美観 民族心理 観察力と想像力

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.日本の猫文化についての表現-2

2.1 猫に関する紹介-2

2.2 民話伝説について-2

2.3  ことわざについて-3

2.4 現代に生きている猫たち-4

3.猫文化の形成の原因-7

3.1 社会の生産と猫の関係-7

3.2 日本人の審美観-7

3.3 日本人の心理-7

3.4 細かい観察力と豊富な想像力-8

4.おわりに-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部