《白夜行》中主人公的爱情悲剧_日语论文.doc

本课题主要研究小说《白夜行》主人公唐泽雪穗和桐原亮司的人物性格以及他们在爱情中的掠夺与救赎,最后浅谈他们之间的爱情悲剧。采用文献资料法。创新点:通过人物性格分析并

要旨

 

昔から日本のミステリーが文学界では全局面を左右する重要な立場にあるものである。東野圭吾という名はミステリーの代名詞になってきたようである。彼の代表作の『白夜行』を通してこの方のミステリーを読めば読むほど興味を持つようになった。とくに質朴でたやすい言葉で人間の悪さと贖いを申し立てるのは最も独創性があるセクションである。『白夜行』という小説は絶望的な愛の守りと緻密な完璧なミステリーの組み合わせである。ファンたちの中では「無冠の帝王」と言われている。東野圭吾の作品の中での最も絶望的な望みのものである。出版された後、巨大なショックを巻き起こした。『白夜行』のおかげで、東野圭吾は「天王レベル」の作家になった。

本文は五つの方面から展開する。まず、日本バブル経済時代において東野圭吾は社会の現実問題を掲示するため、『白夜行』を書いたことについて紹介した。次、『白夜行』での主人公の唐沢雪穂の「悪女」というイメージと桐原亮司の愛の贖いを分析した。そして、唐沢雪穂が現実においてはいったい何がほしいだろかと分析した。また、桐原亮司がこんな愛では何の結末ができたかと分析した。最後、前の分析を通して二人の主人公の中の愛の悲劇を研究した。それを機会に、東野圭吾の創作スタイルを楽しむばかりではなく、日本バブル経済時期の社会現状も感受できる。中国ミステリーの長期の発展性に参考する価値があり、発展を促進できると思う。

 

キーワード:ミステリー 白夜行 愛の悲劇 影響

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

 

2.愛の故事または悲劇の故事-2

 

3.東野圭吾の人物の塑造-4

3.1唐沢雪穂:マスクをつけた黒鳥-4

3.2亮司:雪穂を幸せの尺度にする犠牲品-5

 

4.愛の悲劇中の略奪と贖い-6

4.1 唐沢雪穂のほしいものについて-6

4.2桐原亮司:光の望み、愛の犠牲-8

 

5.桐原亮司と唐沢雪穂の深い愛の繋がり-9

 

6.終わりに-10

 

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部