根性论和匠人精神比较_日语论文.doc

根性论和匠人精神作为日本文化中重要精神论,对日本经济,教育,文化等方面产生了重要的作用,通过对两者的历史根源,发展变化,本质含义,作用范围,具体内涵等方面进行比较

要旨

 

大松博文は1962年にモスクワで行われた第五回世界選手権大会と、1964年の東京オリンピックで女子バレーボールチームを優勝に導いだ監督である。彼は自分で書いた『成せば成る』、『俺について来い』において、根性論を提出した。根性論とは、根性があれば、どんな問題でも解決できる、またはどんな目標にも到着できるとする精神論の一つである。日本文化の中でもう一つの重要な精神は日本の職人精神である。職人になると、自分の仕事に対する態度もしっかりしたものになり、より高いレベルを追求して、自分の技術を磨くことになる。大松の根性論と職人精神がある意味で似てると思われる。本論文では根性論と職人精神の比較を研究する。

 

キーワード:大松博文 根性論 匠の精神

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

2.根性論について-2

2.1根性について-2

2.2現代根性論を出すのきっかけ―大松博文-2

2.3根性論の社会的影響-3

3.匠の精神について-5

3.1日本の匠の精神について-5

3.2職人と日本製-5

3.3匠の精神の伝承-6

4.日本企業の振興から見る匠の精神の影響-8

5.根性論と匠の精神の相違と共通点についての考察-10

5.1根性論と匠の精神の共通点-10

5.2根性論と匠の精神の相違-10

6.終わりに-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部