吉本芭娜娜作品中的女性形象–以《白河夜船》为例_日语论文.doc

吉本芭娜娜是日本现代女作家,她笔下的人物总是在各种纷繁复杂的境遇中,遭受打击和痛苦,但最终重新燃起生活的信息。短片小说《白河夜船》描绘的是主人公寺子在不伦恋情和好

要旨

 

吉本ばなな日本で人気のある女性作家である。「白河夜船」は彼女の短篇小説の一つである。本論文は四つの部分に分ける。第一部分は、「白河夜船」の先行研究を紹介する。吉本ばなな作品における女性像の先行研究を重点としておく。それに、「白河夜船」の中における女性像の述べに通じて、研究意義を提出する。第二部分は「白河夜船」中に出現する女性像具体的に紹介を行う。寺子は孤独とか、勇敢とか彼女暗いところを離して新生を進める。詩織が孤独と善良であり、最後死亡した。岩永の妻は植物人間になる。第三部分は女性像の特徴を述べる。同じところがあり、彼女は孤独的平凡的な若い女性である。彼女も自分の特別な性格がある。第四部分は吉本ばなな作品における女性像の形成の原因、日本の若い者に影響をあげ、人間のせつきょくてきな意義を述べる。

 

キーワード:「白河夜船」 女性像 女性の特徴 形成の原因と意義

 

目次

中文摘要

要旨

1.はじめに-1

1.1問題提起-1

1.2先行研究-1

1.3研究意義-2

2.「白河夜船」における女性像-3

2.1孤独で独立な寺子-3

2.2善良で若い詩織-3

2.3平凡的な岩永の妻-4

3.「白河夜船」中の女性の特徴-6

3.1孤独、寂寞と独立-6

3.2平凡的な若い女性-6

3.3勇気がある女性-7

4.吉本ばなな作品における女性像の形成-9

4.1形成の原因と意義-9

4.2日本の若い者に対する影響-9

4.おわりに-11

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部