从夏目漱石的《心》看日本人的生死观_日语论文.doc

本論文は夏目漱石の『こころ』を通じ、日本人の死生観を一層展開したいと思う。文献を参考にしつつも、自分なりに死生観から生活にどのように影響したのかを少しでも深くまで

概要:近年、生活のリズムが加速し、生活のストレスも大きくなっているなどの原因で、多くの人が自殺で自分の生命を終えた。この現状は日本で目立つようになった、統計によると、毎日約100人の日本人が自殺して、この人数は交通事故で死亡した人の4倍に至り、高い自殺率が見られた。本文は作品の死亡を通じて、日本人の死生観を研究しようとする。夏目漱石は多くの死生観を体現する作品がありが、『こころ』は死亡を書いた一番多いであり、だから本文は『こころ』を選んで研究対象をする。本文は夏目漱石の『こころ』の中での人物の自殺を通じて、日本人の死生観を研究し、日本人の死生観を理解して、そしてこの生死観が日本社会へどのような影響をもたらしてきたという問題を研究しようとする。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的、先行研究-1

第 1 節 研究目的と方法-1

第 2 節 先行研究-1

第 1 章 『こころ』をてがかり-2

第 1 節 『こころ』と夏目漱石-2

第 2 節 『こころ』における死-2

第 2 章 死生観について-3

第 1 節 過去の日本人の死生観-3

第 2 節 現在の日本人の死生観-4

第 3 節 死生観の発展-4

第 3 章 日本社会への影響-5

第 1 節 日本人の「もの哀れ意識」-5

第 2 節 宗教の影響-5

第 3 節 恥感文化-6

第 4 節 高自殺率-7

第 5 節 集団主義-7

終 章 結語-8

参考文献 -9

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部