芥川龙之介文学作品中的中国人形象_日语论文.doc

中国における芥川龍之介の文学作品から芥川龍之介の中国のイメージをテーマにした研究が数多くある。邱雅芬の『「湖南の扇子」:芥川龍之介の文学意識及び中国への理解の変遷

概要: 本論文の研究対象は芥川龍之介の文学作品における中国人のイメージである。芥川龍之介の作品にある中国人の描写を引用しながら、各時期に芥川龍之介の心にある中国人のイメージを検討する。そして、その中国人のイメージが変化した原因についても分析する。本論文の研究活動は芥川龍之介の中国文化への理解の変遷を検討することに意義があると考える。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究対象、研究目的及び研究方法-1

第2節  先行研究-1

第一章 芥川龍之介の文学思想及びその影響-2

第1節 芥川龍之介の文学思想-2

第2節 芥川龍之介の影響-3

第二章 早期の文学作品における古代中国人のイメージ-3

第1節 孝行を重んじ、不屈で自己がある古代中国人-4

第2節 理想を追求する古代中国人-5

第三章 近代中国人のイメージ-6

第1節 惨憺たる近代の中国人のイメージ-7

第2節 反戦意識のある中国人-8

第3節 芥川龍之介の憧れた中国人-9

第四章 中国人のイメージの変化及び原因-10

第1節 ユートピア化の古代中国人のイメージの幻滅-10

第2節 ユートピア化からイデオロギー化への転換-11

終 章-12

参考文献-13

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部