浅析中国唐宋与日本中世时期斗茶之差异_日语论文.doc

本論文は書籍とインタネットによって、色々な資料や文献を調べて整理し、先行研究に導かれつつ、比較研究の研究方法によって中日闘茶の相違点を対象に、原因の分析に重点を置

概要:宋代に闘茶の現れはお茶がピークにつく印である。闘茶は飲茶の最高芸術であると思われる。本論文は闘茶の歴史を概述、宋代闘茶と日本中世の闘茶比較する。日本の点茶法は宋代と大体同じである。闘茶の規模、勝負の標準が異なっている。闘茶から派生した茶詩、茶本及び茶の絵など茶文化は日本より中国の方が多い。また中日闘茶の社会効用も異なっている。相違の原因はいくつがある。お茶の歴史、当時の歴史背景、美意識などが挙げられる。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と方法及び先行研究-1

第 1 節 研究目的と方法-1

第 2 節 先行研究及び不足-1

第 1 章 闘茶の歴史と影響-2

第 1 節 闘茶の歴史-2

第 2 節 闘茶の影響-3

第 2 章 闘茶の相違点-3

第 1 節 場所、規模と流れ-3

第 2 節 勝負の基準-4

第 3 節 闘茶の関連物-5

第 4 節 社会効用-5

第 3 章 相違の原因-6

第 1 節 お茶の歴史-6

第 2 節 社会背景-7

第 3 節 美意識-8

終 章 結論と今後の展開-8

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部