《枕草子》中的色彩分析–以白色为中心_日语论文.doc

『枕草子』は日本の随筆文学の源として、日本文学のきめ細かくと美感を理解したい、日本文化の中の美意識を探究したいなら、『枕草子』はすべてきわめて良い研究対象である。

概要:色は人の目が感じられる最も直接な視覚の記号である。文学作品の中の色を探究することを通じて、日本民族が色を考えることと日本社会の文化特徴の1つの側面を考察することができる。人々はよくある種類の色を見て、色々な連想が発生する。色についての連想は多くの人にとって共に共通の性質がある。『枕草子』は日本の随筆文学の起源として、その中にはわりに多く色の描写を運用して、色彩明るく平安時代の世界に現れる。日本文学の美感を理解したい、日本文化の中の美意識を探究したいなら、それはきわめて素晴らしい研究対象である。当論文は『枕草子』の中で現れる色の語―白にして、作者清少納言を研究して色の運用と追求に対して、作者の一生と時代背景を結び付けて色の背後の隠喩意味を発掘して、それによって日本平安文学の中に色彩の重要な意味を探究する。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 -1

第1節 序言-1

第2節  先行研究-1

第1章 枕草子について-2

第1節 作品紹介-2

第2節 清少納言について-3

第3節 文学作品と色の語-3

第4節 平安時代の色彩-4

第2章 清少納言と白-5

第1節 枕草子の白-5

第2節 白を運用する原因の分析-5

第3章 白の分析-6

第1節 白の使いタイプ-6

第2節 白と関係がある内容の分析-6

第3節 枕草子の白の隠喩意味-7

終 章 結論-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部