松尾芭蕉俳句中的禅意_日语论文.docx

松尾芭蕉は「蕉風」を開宗した巨匠で、後世に残れた秀句は多数で枚挙にいとまがない。芭蕉の俳句は鮮明な個人色彩がある。例えば、「さび」、「わび」、「しおり」、「かるみ

要 旨

 

本研究は、松尾芭蕉の俳句を分析し、その俳句に含まる文学意識と、芭蕉の思想を探求する為に、「古池や蛙飛び込む水の音」と「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の二句を主な対象として、芭蕉の俳句と禅宗の関係を探求することを目的とする。まず、芭蕉本人の文学意識に基づき、俳句二句を分析することによって、その文学意識を考察した。次に、芭蕉の受容した思想に基づいて、禅宗意識の形成の原因を探求した。最後に、芭蕉の美意識について、「自然観」、「風雅の誠」、「わび」、「さび」という四つの面から彼の作品を論評した。

 

キーワード:松尾芭蕉 俳句 禅 美意識

 

目 次

要 旨

中文摘要

はじめに-

第一章 芭蕉の文学意識と禅-(2)

  1.1 芭蕉の主な文学意識-(2)

  1.2「禅」の内包-(3)

第二章 芭蕉の実作から見る禅味-(4)

  2.1「古池や蛙飛び込む水の音」-(4)

  2.2「閑さや岩にしみ入る蝉の声」-(5)

第三章 芭蕉の禅宗思想の形成-(7)

  3.1 人生を旅とする生き方-(7)

  3.2 自然から受けた影響-(8)

  3.3 仏教と漢詩の受容-(9)

第四章 芭蕉の美意識と禅宗思想-(11)

  4.1 芭蕉の自然観-(11)

  4.2 無常観-(12)

  4.3「さび、わび」と禅宗-(13)

おわりに-(14)

参考文献-(15)

文献概述-(16)

謝辞-(18)

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部