中国と日本の数字文化に関する一考察_日语论文.docx

中国から漢字の流入と共に、中国の漢数字も日本人の数字観の形成に大きな影響を与えた。そして、自国の独特な地理位置、価値観や歴史発展などによって、日本人は独特な数字観

要 旨

 

本研究は、中日両国の数字における縁起と使用習慣の分析を通して、互いの民族特性を理解することを目的としている。まず、中日における数字観の起源を簡単に説明した。そして、歴史と社会文化の面から偶数を好む中国人について論じ、日本自国の地理的位置と歴史から数字観の発展を研究し、奇数を好む日本人について説明した。それに基づき、数字の例を挙げ、具体的に中日両国における数字の縁起を比較し、その異なる使用習慣を分析した。次に、日常生活に関わる数字「四」を中心に、その発音と歴史文化を分析し、中日両国の現代商業における使用習慣について研究を行った。最後に、日本文化の包容性と中日両国の審美意識をめぐって、数字観から見る中日の民族特性を論じた。

 

キーワード: 数字観  中日  歴史  発音  商業  民族特性

 

目 次

要 旨

中文摘要

はじめに-

第一章 中日における数字観の起源と発展-(3)

 1.1  易経と数字-(3)

 1.2  偶数を好む中国人-(4)

 1.3  奇数を好む日本人-(5)

第二章 中日における数字縁起の比較-(7)

  2.1  代表的な数字「二」と「三」-(7)

  2.2  特別な数字「八」と「九」-(9)

第三章 日常生活に関わる数字「四」-(11)

  3.1  歴史と発音から見る中日における数字「四」の比較-(11)

  3.2  現代商業から見る中日における数字「四」の使用-(13)

おわりに-(16)

参考文献-(17)

文献概要-(19)

謝 辞-(21)

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部