通过七、八世纪日本与亚洲大陆的交往分析古代日本的对外意识_日语论文.doc

日本とアジア大陸の交流は二千年前に遡ることができ、七・八両世紀即ち隋唐時代に最高潮に達した。隋唐時代、中国は再び国勢の頂点に上り、周辺の国家の中で莫大な優位を占め

要 旨

 

本研究は七・八世紀の日本と中国、新羅、渤海国三国との外交に関する外交意識についての研究である。本論文では、まず七世紀初頭の東アジアの国際関係を簡単に紹介し、その後、七・八世紀の史書に記載された日本と三国の具体的な外交事件から、日本の外交意識を詳しく分析する。最後に、史書の記載及び具体的な事例に基づき、客観的に日本の外交意識の成因及び影響を究明する。

 

キーワード:国際関係、外交意識、成因、主体性

 

目 次

要 旨

中文摘要

はじめに-(1)

第一章 七・八世紀の東アジアの国際環境-(3)

  1.1  隋の滅亡と唐の建国及び発展-(3)

  1.2  朝鮮半島の統一と新羅-(4)

  1.3  渤海国の建国と発展-(5)

第二章 七・八世紀の日本-(7)

  2.1 大化改新と律令制の確立-(7)

  2.2 国風高揚の時代到来-(9)

第三章 七世紀以降日本とアジア大陸の外交活動-(11)

  3.1 日本と中国-(11)

  3.2 日本と新羅-(14)

  3.3 日本と渤海国-(16)

第四章 日本の外交意識の成因と評価-(18)

  4.1 成因-(18)

  4.2 評価-(20)

おわりに-(24)

参考文献-(25)

文献概要-(26)

謝辞-(29)

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部