从岛崎藤村的《家》看待家督继承制度_日语论文.doc

研究は論題をめぐり図書館のデータベースを調べ、論題と関係のある国内外主要な研究成果を探し、参考にする。そして、ネットワークを利用して関連の資料をまとめ、総合的に

概要:家督相続制度は日本封建社会において長男が相続する制度である。室町幕府時代から始まり、徳川幕府時代には、武家社会で施行し、明治には、明治民法典により国民全体まで普及させるようになった。第二次世界大戦の敗戦まで、日本社会で踏襲されていた。家督相続制度が実施される長い歴史の期間で、それを中心とした家族観念は深く日本社会に根ざし、日本社会の近代化への転換と、戦後日本経済の急速的な台頭に影響を与えるだけでなく、日本の政治、経済、生活などにも重要な影響を与えていた。本論文は、まず日本伝統的な家族制度について簡単に紹介する。そして、島崎藤村の『家』を通じて、日本の家督相続制度を明らかにし、家督相続制度の表現形式、不利点などについて深く研究する。最後に、自分の見方をまとめ結論を出すのが期待する。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究の目的と先行研究-1

第 1 節 研究の目的と方法-1

第 2 節 先行研究-1

第 1 章 島崎藤村と『家』-2

第 2 章 家族制度と家督相続制度-3

第 1 節 家族制度-3

第 2 節 家督相続制度の歴史と特徴-4

第 3 章 『家』から出た家督相続制度-5

第 1 節 小説に表す家督相続制度-5

第 2 節 家族の沒落-5

第4章 家督相続制度の不利点と見方-7

第1節 家督相続制度の不利点-7

第2節 家督相続制度の見方-8

終 章 結論と今後の展開-9

参考文献 -10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部