谷崎润一郎的美意识–以《春琴抄》为例_日语论文.docx

春琴抄』を解析して、谷崎潤一郎が一生追求した「美」の正体を明らかにして、20世紀に日本で一時期盛んだ谷崎文学を研究するには重要な意義を持っている。そして谷崎潤一郎が求

概要:本文では、まず、谷崎潤一郎の名作である『春琴抄』を概論する。その上で、佐助と春琴との関係や、特別な意味が含まれている物象を重点的に分析することを通して、谷崎ならではの美意識を考察したい。また、現代文学と結合し、それが隣国である中国に対する影響も述べる。最後に、郁達夫作品を例とし、谷崎やその作品、またはその美意識が中国への影響を触れたい。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 『春琴抄』について-2

第1節 谷崎潤一郎の美意識の芽生え-2

第2節 谷崎潤一郎と『春琴抄』-2

第2章 作品における美の表現-3

第1節 古典の美を「三味線」から見る-3

第2節 古典の美を春琴のイメージから考える-4

第3節 永遠の美-5

第4節 不完全の美-5

第3章 谷崎の「美意識」が中国文学にもたらす影響-6

第1節 谷崎文学が中国への伝播-6

第2節 谷崎の「美意識」が中国文学にもたらす影響――郁達夫の場合-7

終章-7

参考文献-9

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部