妖怪推理的魅力–京極夏彦的推理世界_日语论文.doc

本論文は推理小説の起源や発展に基づき、新しいタイプの推理小説の人気ある原因と発展を分析したいと思う。同時に、妖怪推理の代表作家京極夏彦の作品を研究する。それに基づ

概要: 京極夏彦は日本の新本格ミステリ作家である。作品にはよく霊や妖怪をテーマとし、人間の心理に潜む怪異を、ストーリー にうまく織り込んで描くものが多い。それぞれ細かい趣向を凝らし、独立した短編が一つの統一された世界観を形作り、独自の一派を成し、大好評を博した。現在、京極夏彦の作品は日本の新しい推理小説領域において重要な位置を占めている。本論文は推理小説作家京極夏彦の作品を研究対象とし、日本の推理小説の起源、発展に基づき、新しいタイプの推理小説を生み出す原因と発展を考察したいと思う。同時に、京極夏彦の小説を通じて、日本の妖怪の文化も考察する。つまり、推理と妖怪との精妙の結びつけの中で、日本の妖怪文化を考察したいと思う。こうして、推理と妖怪文化の新奇さと美妙さを感じ、日本文化の内包への更なる理解を深めるのを期待している。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節  先行研究-1

第1章 推理小説と京極夏彦について-2

第1節 推理小説の発展-2

第2節 京極夏彦の紹介と代表作-3

第2章 『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』への解読-4

第1節 『姑獲鳥の夏』について-4

第2節 『魍魎の匣』について-6

第3章 作品の創作方法と特色-7

第1節 『姑獲鳥の夏』と『魍魎の匣』の創作方法と特色-7

第2節 妖怪と民俗の導入-9

終 章  結論と今後の展開-10

参考文献-12

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部