川端康成作品中的蝴蝶意象_日语论文.docx

川端作品の中で、「蝶」というものはいつも川端作品の行間に見られる、出現する頻度が高いので、蝶のイメージはよく注目される。『山の音』、『眠れる美人』、『雪国』などの

概要:本論文の研究対象は日本有名な作家の川端康成である。『山の音』、『眠れる美女』、『雪国』という作品を挙げ、主に川端康成作品における蝶のイメージを研究したい。まずは川端康成その人物を概述し、または日本文学における蝶のイメージも述べる。次は『山の音』、『眠れる美女』、『雪国』という三つの小説から、川端康成作品における蝶のイメージの特徴、意義、日本文学への影響を分析し、結論をまとめる。最後に、『庄周 蝶を夢に見る』における蝶のイメージとの共通点をまとめて、そして川端作品における蝶のイメージの源を追求したい。本研究を通して、日本文学への理解と日中文学の交流に役に立てたい。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究的目と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 川端康成と蝶のイメージ-2

第1節 川端康成と彼の作品-2

第2節 日本文化における蝶のイメージについて-3

第2章 蝶のイメージについて-4

第1節 目に見た蝶 美意識-4

第2節 夢見た蝶 精神の自由.-4

第3節 化蝶 生と死の境-6

第4節 まとめ-6

第3章 川端作品における蝶のイメージの起源-7

第1節 『庄周 蝶を夢に見る』における蝶のイメージ-7

第2節 川端作品の蝶のイメージの源-7

終章-8

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部