从《菊与刀》看日本的耻文化_日语论文.docx

本論文は『菊と刀』から見た日本の恥の文化を研究対象とする。主に、『菊と刀』という傑作を通じて、恥の文化をもっと深く理解し、作品と文化自身、歴史の過程、恥の文化の影

概要:『菊と刀』はアメリカ人類学者ルース・ベネディクトが1946年にアメリカ政府の命令に従い、日本社会と日本民族性を研究するために書いた報告書である。その本は日本文化を恥の文化に帰結し、日本文化を研究する不可欠な本だと言われている。日本民族性を研究するのに欠かせない傑作である。本論文は『菊と刀』から見た日本の恥の文化を研究対象とする。主に、『菊と刀』という傑作を通じ、恥の文化をもっと深く理解し、作品と文化自身、歴史の過程、恥の文化の影響方面から『菊と刀』の現れた日本の恥の文化をまとめる。作品の意義を求めるために、両者の関係を研究しようと思う。

 

キーワード:菊と刀;日本;恥の文化

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節  先行研究-1

第1章 『菊と刀』と恥の文化-2

第1節 『菊と刀』について-2

第2節 恥の文化の原因形成-3

第3節 恥の文化の社会表現-4

第2章 戦後日本学者の『菊と刀』への研究態度転換-4

第1節 20世紀50年代の研究態度-4

第2節 20世紀60-70年代の研究態度-5

第3節 20世紀80-90年代の研究態度-5

第3章 『菊と刀』が恥の文化への影響-6

第1節 人間関係への影響-6

第2節 礼儀作法への影響-7

第3節 集団意識への影響-8

第4節 等級意識への影響-8

終 章-8

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部