从森鸥外的作品看其笔下女性的悲剧性–《舞姬》和《雁》为例.docx

森鴎外の作品の中の女性はどんな特徴があるのか。彼は何のために、このような悲劇のラブストーリーを創作したのか。また、森鴎外はこの二つの小説を書くことを通じて何を伝え

概要:森鴎外は日本明治時代有名な作家である。彼の作品における女性の運命は悲劇的なエンディングが多い。当論文は森鴎外の「浪漫三部作」の中の「舞姫」とそれから20年後に書いた小説「雁」を例に、まずは女主人公エリスとお玉の運命の悲劇を別々に紹介し、それから二人の主人公の運命を対照的に分析することを通じて、彼女たちの運命の悲劇が生まれる原因を探ぐりたいと思う。また、森鴎外はなぜ女性の運命を悲劇的な終わり方を設定したのか、その背後に潜む真の意図は何かを探求したい。

 

キーワード:森鴎外;明治時代;女性の悲劇性

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-

        第1節 研究目的-

        第2節 先行研究及び不足-

第1章 小説「舞姫」について-

    第1節 「舞姫」の粗筋-

    第2節 女主人公エリスの人物設定-

    第3節 エリスの悲劇-

第2章 小説「雁」について-

    第1節 「雁」の粗筋-

    第2節 女主人お玉の人物設定-

    第3節 お玉の悲劇-

第3章 二人の女主人公の悲劇が生まれる原因-7

    第1節 二つの作品の共通設定-7

    第2節 悲劇が生まれる原因-8

第4章 「舞姫」と「雁」における森鴎外の創作心理を探る-9

    第1節 育立った家庭環境から考える-9

    第2節 社会活動から考える-

終 章-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部