鲁迅与森鸥外的生死观的比较–《药》和《高濑舟》为例.docx

東京大学医学部卒業の森鴎外、仙台医学専門学校中退の魯迅、同じ医学の背景がある。その作品の中に現れた死生観は一体どんなものであろうか、非常に興味深いところである。今

概要:本論文は魯迅と森鴎外の死生観の相違への考察を目的としている。『薬』と『高瀬舟』における人物や社会背景などに関する論述を分析し、魯迅と森鴎外の生死への見方について説明を試みた。そして、伝統文化と時代の影響による死生観の相違の原因も探究した。

 

キーワード:森鴎外、魯迅、死生観

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節  研究目的-1

第2節  先行研究及び問題点-1

第1章  『薬』から見た魯迅の死生観-2

第1節  あらすじ-2

第2節  生への渇え-2

第3節  理想を求める死亡-3

第4節 「犠牲」と「死亡」-3

第2章  『高瀬舟』から見た森鴎外の死生観-4

第1節  あらすじ-4

第2節  解脱の死亡-5

第3節  ユータナジー(安楽死)-6

第4節  知足者富-6

第3章  死生観の比較及び原因探求-7

第1節 死生観の比較-7

第2節  創作背景-8

第3節  伝統文化の影響-9

終 章  結論と今後の展開-9

参考文献-10

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部