论《暗夜行路》中志贺直哉的价值观_日语论文.docx

この作品は志賀直哉が書いたそれまでの作品の集大成あり、他の作品との関連性も多くある。このため、『暗夜行路』には、志賀直哉の価値観のほぼすべてがはっきりと表現されて

概要:志賀直哉は日本近代文学の「シラカバ派」の代表的な作家であり、「日本小説の神様」と称賛され、日本文学の重鎮として主要な人物として知られている。『暗夜行路』は、志賀直哉が書いた小説の中で唯一の長編小説で、特別な意味を持っている。本論文では『暗夜行路』を取り上げ、『暗夜行路』に対する先行研究の分析結果と文献の調査から、志賀直哉の価値観を探求し、志賀直哉の価値観についての総括を行う。

 

キー・ワード:志賀直哉;暗夜行路;価値観

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 シラカバ派と志賀直哉-2

第1節 シラカバ派について-2

第2節 志賀直哉について-3

第2章 『暗夜行路』について-3

第1節 『暗夜行路』の紹介-3

第2節 『暗夜行路』の創作過程-4

第3章 『暗夜行路』における志賀直哉の価値観-5

第1節 個性解放の追求-5

第2節 女性に対する蔑視する-7

第3節 「和」を貴しとする-8

終  章-10

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部