论大庭美奈子《三只蟹》中蟹的象征性_日语论文.docx

当論文は大庭みな子の「三匹の蟹」を熟読して、小説における蟹の象徴性を探求する。同時に、作者の現実背景を結合して、小説のテーマを理解して、各方面の描写を通して、作者

概要:大庭みな子の作品は無国籍的な魅力を持っている。特に1968年に大庭みな子のデビュー作である「三匹の蟹」は、大庭がアメリカ社会に対していかに深い洞察力を持っていたかを如実に物語っている。一つの時代にセンセーションを巻き起こし、現代日本文学の新しい方向を示していると讃えられている「三匹の蟹」はついに「群像」に発表された。それに、群像新人賞と芥川賞を同時に受けた。この作品は自我意識の目覚めが焦点である。女性主義、解放主義などは作品の中によく出てくる。本論文は主人公の言葉、行為、そして周囲の人物と環境の表現を通し、「三匹の蟹」における蟹の象徴性を探求してみたいと思う。

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第一節 研究目的-1

第二節先行研究-1

第一章 「三匹の蟹」について-2

    第一節 作者について-2

    第二節 「三匹の蟹」の時代背景-3

    第三節 「三匹の蟹」の概要-4

第二章 「三匹の蟹」における蟹-5

    第一節 蟹のそれぞれの表現-5

    第二節 主人公と蟹の関係-5

第三章  蟹の象徴性-6

    第一節 主人公の反抗意識-6

    第二節 作品における自我反映-8

終 章  結論と今後の展開-9

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部