论日本人的悲剧英雄情结–以《新选组血风录》为例_日语论文.doc

本文が言及した新選組は、江戸時代末期(幕末)に、京都において反幕府勢力を取り締まる警察活動に従事したのち、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った武装組織である。なお

概要:日本人にはあまねく「悲劇コン」というものがある。甚だしきに至っては「悲しみ」を美とする人はたくさんある。文学でも、歴史でも、勝者に比べて彼らは更に奮闘したことがあって天寿を全うする敗者の英雄がいいと思っている。特に百十年以来上映する日本古代「浪人」を演繹する主な悲惨劇である。本文は新選組を借りて、司馬遼太郎の作品『新選組み血風録』を一歩を進んで具体的に日本人のこのような英雄についての悲劇コンを探求する。

 

目次

概要

中文摘要

序  章 研究目的と先行研究6

第1節 研究目的6

第2節 先行研究6

第1章 日本人の悲劇コン8

第1節 歴史上の悲劇コン9

第2節 文学からの悲劇コン9

第2章 『新選組み血風録』について10

 第1節 司馬遼太郎 10

第2節『新選組血風録』からの悲劇コン10

第3章 時代の悲劇――新選組11

終  章  結論と今後の展開13

参考文献14

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部