夏目漱石的恋爱观–以小说《三四郎》为例_日语论文.doc

本論は主に『三四郎』の小川三四郎と里見美禰子悲劇的な恋愛ストーリを中心にし、二人の主人公の性格を分析し、文章の創作背景につながり、そのキャラクターの作り原因を究明

概要:夏目漱石は、日本の近代有名な作家の一人である。作品は現実に近づけ、人の恋愛、婚姻、家庭に関する各種の問題を書いた。更に曲がりくねている人生を経験していたことから、漱石が独特な恋愛観を持っている。本論はその代表作の『三四郎』を中心にし、国内外研究に基づき、主人公の悲劇的な恋愛ストーリへの解読、そして、小説に出てくる各種の人物性格への分析を通し、それを作品の創作背景や作家の経歴と結び付けながら、夏目漱石の恋愛観や参考になる意義について全面的に分析したい、更に正しい恋愛観が確立できるように人々を導きたいと思う。

 

キーワード:夏目漱石; 『三四郎』;悲劇;恋愛観

 

目次

概要

中文摘要

序 章 研究目的と先行研究-1

第1節 研究目的-1

第2節 先行研究-1

第1章 作者と作品-3

第1節 作者について-3

第2節 作品の粗筋-3

第2章『三四郎』における恋愛観-4

第1節 三四郎の性格への解読-4

第2節 美禰子の性格への解読-5

第3節 三四郎と美禰子の恋愛について-6

第4節 作品の創作背景への研究-6

第3 章 夏目漱石の恋愛観の形成-7

第1節 家庭背景への考察-7

第2節 恋愛経験への分析-8

終 章 結論と今後の展開-9

参考文献-11

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部